味覚障害・ドライマウス治療

味覚の伝導のメカニズム

味覚は口で受け取り、脳で感じる感覚です。

1.口で味を受け取る
味覚受容器が口の中にあります。

2.神経から伝わる
味覚神経によって味の情報が脳へ伝わります。

3.脳で味を感じる
味、におい、見た目などの情報が脳に集まり「味」として認識されます。

様々な器官が正常に機能し、味覚を感じることができます。正常に機能していない場合、以下のような症状が起こりえます。

味覚障害とは

食べ物の味がしない、いつも変な味(苦い味、酸っぱい味等)がする、家族に味付けがおかしいと言われる、食事がまずい(うま味が感じない)などの症状はありませんか?このような場合には、味覚障害の可能性があります。 味を感じるしくみは、味の刺激が舌にある味細胞、味覚神経、脳へと伝達することにあります。

味覚障害の主な症状

味覚は口で受け取り、脳で感じる感覚です。様々な器官が正常に機能し、味覚を感じることができます。正常に機能していない場合、以下のような症状が起こりえます。

味覚減退

味が薄く感じる

味覚消失

全く味がしない

自発性異常味覚

口の中に何もないのに常に味がする

味覚錯誤

本来の味質を異なる味として感じる(例:塩味が苦く感じる)

解離性味覚障害

特定の味(甘味など)だけが判らない

ドライマウス(口腔乾燥症)とは

ドライマウス(口腔乾燥症)は、主に唾液分泌量の低下によって生じます。ドライマウスは口の渇きのみならず、粘膜の痛みや炎症、味覚障害、口臭、虫歯や歯周病を引き起こしますので、早めに治療を受けることをお勧めします。
東北大学の笹野高嗣教授は、長年の研究にもとづき、新たな方法を用いてドライマウスの診断と治療を行っています。最新の研究成果の一部はテレビや新聞などで広く紹介されています。当院では笹野教授の指導の下に味覚障害およびドライマウスの治療を行います。

専門医が診断します

味覚外来

笹野高嗣 教授

平成10年に東北大学歯学部口腔診断学教授。
その後、東北大学歯学部附属病院長、大学院歯学研究科長、歯学部長などを歴任。
現在、日本口腔診断学会理事長。

・東北大学大学院歯学研究科教授
・日本口腔診断学会理事長
・日本口腔内科学会理事
・日本歯科放射線学会理事
・日本外傷歯学会副理事長


ドライマウスおよび味覚障害に関するマスコミ報道(笹野高嗣教授)

  • 宮崎日日新聞 2017年2月3日
  • 山形新聞 2017年1月30日
  • 愛媛新聞 2017年1月30日
  • 長崎新聞 2017年1月30日
  • 沖縄タイムス 2017年1月27日
  • 琉球新報 2017年1月24日
  • 中部経済新聞 2017年1月24日
  • 東奥日報 2017年1月23日
  • 下野新聞 2017年1月20日
  • 岩手日報 2017年1月20日
  • 熊本日日新聞 2017年1月20日
  • グッドモーニング(テレビ朝日) 2017年1月5日
  • 岩手めんこいテレビ 2016年11月28日
  • てれまさむね(NHK 仙台) 2016年11月24日
  • ニュースシブ5(NHK) 2016年10月24日
  • 週刊現代「その兆候を見逃すな 逆引き病気事典 ドライマウス(口腔乾燥症)」2016年2月22日
  • 日本経済新聞「口の渇き 高齢者に増える」 2015年9月27日
  • 河北新報「ドライマウス うま味が改善」2015年8月19日
  • BBC News 「Umami taste buds important for overall health 」2015年1月26日
  • THE ECONOMIST「The tastemakers Researchers are still chasing the nature, and the number, of basic tastes」2015年1月31日
  • THE INDEPENDENT「Losing appetite as you age? Try adding umami flavour to restore the ‘joy of taste」 2015年2月6日
  • 日経ヘルス「昆布などの「うまみ」でドライマウスが改善」2014年9月1日
  • テレビ朝日 モ-ニングバ-ド「命にかかわる口の渇き…ドライマウス」2013年12月2日
  • 朝日新聞「元気のひけつ 薄めの昆布茶が効果的 味覚障害や口臭の原因にもなるドライマウス」2013年11月9日
  • リビング仙台 「もしかしてドライマウス!?」2013年8月31日
  • 日経ヘルス 「医療現場でも使われ始めた「うまみ」の力 昆布などの「うまみ」でドライマウスが改善」 2013年6月2日発行
  • NHK あさイチ 「味覚 – 唾液反射を応用したドライマウス治療」2013年3月13日
  • NHK クロ-ズアップ現代 「Umamiが世界を制す!?」2013年2月28日

治療の流れ、治療費・治療期間について

味覚障害やドライマウスは必ずしも口腔内の原因だけで発生するとは限りません。例えば貧血や糖尿病といった病気が原因となることもございます。当院では同建物内にある 8F 医療法人徳真会 クオーツメディカルクリニックと連携することにより、歯科と医科が連携して治療を行うことができる環境を整えております。
ご来院いただきましたら問診や検査を行い、原因を特定した上で、患者さまにご説明させていただきます。原因を特定し、患者さまの症状に適した治療に入らせていただきます。

検査例

  • 味覚検査
  • 口腔内検査
  • 唾液分泌量検査
  • 血液検査
  • 病理検査・その他
  •  

    検査・診断は、まず、テイストディスクや電気味覚計による味覚検査を行い、味覚障害の状態を調べます。次に、その原因を調べる検査を行います。治療は、それぞれの原因に対する適切な治療方法を選択いたします。全身疾患が原因の場合には、徳真会クオーツタワー内の内科等の関連する科と密接な連携のもとに治療を行います。

    治療費について

    初診カウンセリング

    ¥10,000(1時間)

    検査料

    ¥30,000

    笹野先生
    カウンセリング・治療

    ¥20,000(1時間)

    再診料

    ¥5,000(30分)

    ※価格は全て税抜き
    ※その他に処方箋料、薬代(実費)がかかります。

    治療は月に1回程度通院していただき、日常生活における改善や、処方したお薬を飲んでいただきご自宅にて療養していただきます。
    患者さまによって違いはありますが、通院開始より3~4か月程度で改善される患者さまが多くなっております。
    ※個人差がありますので、完治までお時間かかる場合もございます。

    実際の治療例(3ヶ月間、通院4回の患者さまの場合)

    治療例

    関連記事味覚障害・ドライマウス治療に関する記事です

    歯科 2017.05.05

    【患者さまの声】味覚外来

    当院にて実際に治療をさせて頂きました患者さまの声を掲載しております。 最初に、症状に気付いた時を教えてください。 別の治療で抗生物質の薬を処方されて以降、症状が発生…