親知らずの抜歯

通常の歯科医院では困難な抜歯も可能

親知らずは、永久歯で一番最後奥に生えてくる歯です。18歳臼歯と言われ、この年齢になる頃に徐々に生え始めます。親知らずが他の歯と同様に、まっすぐ生えて咬み合っている場合は問題ありませんが、横に生えたり手前の歯にぶつかって斜めに生えたりする場合は抜く必要が出てくることがあります。

正確な診断に基づく安全な抜歯

CTの導入

親知らずの生え方によって、抜歯の難易度は大きく変わります。
以下の場合は、一般の歯科医院で抜歯をすることは難しくなります。

・横向きや斜めに生えている
・生えているいる場所が深く、神経に近い

難しい抜歯の場合は、親知らずがどこに生えているのか、根っこの形はどんな形なのか、周りの神経や血管との関係などを正確に把握しなくてはなりません。
当院では、CTを完備しているため、歯の位置や形状および周囲組織の状態を正確に把握することができます。他院で抜歯ができないと言われたり、大学病院への紹介を受け、平日の治療が難しい人は、一度ご相談ください。

抜歯が必要かどうか

親知らずの抜歯が必要かどうかは、ケースバイケースです。 以下の場合は抜歯を検討しましょう。


● 周りの歯に悪い影響を与えてしまう時

親知らずが生えてきたことによって奥歯が磨きづらくなり、手前の歯がむし歯や歯周病になる原因となります。

● 手前の歯を押して歯並びが変わってしまう時

親知らずに押されて手前の歯が動くと、咬み合わせが変わり顎関節症や頭痛の原因となります。

● 周りの歯ぐきなどの組織に影響を与えてしまう時

親知らずが生えてきたことによって、歯ぐきを噛んで痛みを引き起こす原因となります。

● 親知らず自身がむし歯や歯周病の時

歯ブラシが親知らずまで届かず、むし歯や歯周病になる可能性があります。そのまま放置しておくと口臭の原因になります。

抜歯の流れ

親知らずの抜歯は、痛みを感じないために麻酔下で行いますので痛みは感じません。 。一般的な抜歯の流れは次の通りです。

抜歯準備

炎症が起きている場合は麻酔が効きにくいため、抗生物質を服用して炎症を抑えます。また、口の中の細菌を減らすことで抜歯後の治り方に影響がでるため、口の中を掃除します。

抜歯当日

1.麻酔

抜歯中に痛みを感じないように、しっかり麻酔を効かせます。 表面麻酔をして注射の痛みを感じなくさせた後、注射で麻酔を効かせます。

2. 歯ぐきの切開

親知らずに歯ぐきがかぶっている場合、歯ぐきを切開して親知らずの頭を出します。

3. 骨の切削

顎の骨を削って抜歯しやすくします。

4. 抜歯

器具を使い、親知らずを抜歯(脱臼)します。 親知らずが横向きや斜めに生えている時は、親知らずをいくつかに分割して取り除きます。

5. 縫合

切開した歯ぐきを縫います。 場合によっては傷口に血が固まりやすくなる薬を用いることがあります。

抜歯後

抜歯後1週間ほどしたら、傷口を確認して問題がなければ抜糸をします。

抜歯後の痛みと腫れ

抜歯後、麻酔がきれると痛みを生じ、徐々に腫れることがあります。一般的には、抜歯にかかる時間と痛みが比例すると言われています。 抜歯窩に血がたまることで傷が治るため、抜歯後は過度にうがいをしたり、傷口を触ったりしないようにしましょう。

当院で親知らずの抜歯をするメリットCTによる診断で難しい親知らずの抜歯も可能です

最新機器の導入

より正確で緻密な診療を行うために、最新機器を導入しています。口の中の状態をしっかり把握することで、安全性も上がります。

年中無休で急患にも対応

4、5階の青山クオーツデンタルクリニックは、急な痛みなどにすぐ対応するために年中無休で診療を行っております。

痛みに徹底的に配慮した
痛くない治療

徳真会クオーツタワーは「痛くない治療」を目指しています。徹底的に痛みを取り除くために、各種麻酔を取り揃えており、痛みに弱い患者さまやお子さまでも安心して治療を受けられます。

お子さま連れでも安心の
キッズルーム

おもちゃや絵本などが充実しており、お子さまと一緒に遊ぶことができます。治療を受けている間は、お子さまを預けることができるので、安心して治療を受けられます。

他には類をみない
高度な歯科の滅菌設備

徳真会クオーツタワーには高度な設備をそろえた滅菌室があります。そこでは滅菌専属のスタッフが常に機材を管理しており、患者さまがいつも清潔な状態で歯科医療を受けられる環境づくりをしております。